カワセミ工房 鎌倉 (旧絵手紙いろは印)

kawasemin.exblog.jp ブログトップ | ログイン

竹割りナタ 複雑骨折?修理のしかた。

b0096418_1541570.jpg
愛用の竹割りナタが、突然ポッキリ
数日前からぐらぐらしてたけど、まさか
折れるかなーです。

ここは、修理に出さねば
いや待てよ!
又同じ事になると不安
自分でカッコイイの作ろう、暇だしね

樫の木以前切ったのあったはずb0096418_15544690.jpg
どこだったっけ、いつもこうです。
肝心な時に無い、しょうがないので
他の木使う事にしよう

キンモクセイの木がたしか切った
ままころがっているはず
枝振りの良い所を使う事に、丁度
いいのがありました
でも強度的に大丈夫かな
まいいか駄目なら又作り直せば
すむ事だしねb0096418_15552378.jpg
そんなこんなで修理開始

折れた木と止め輪に止めピンを
取り去って、お掃除

次に枝を目的の形に加工する
両端を平行にカットして
次に丸みを全体につける

刃物が入る溝を切りノミでおとす
(うちにある最小の幅3ミリ)
b0096418_165840.jpg
次に刃物ともち手を固定するのですが
ここが難関、止めピンの穴2ヶ所寸分
違いなく開けなければ、又ガタガタと
不安定になってしまう

作る時は、穴を刃物もろとも貫通して
ピンを打ち込めば良いのですが
修理の時は、観えない穴を想定して
開けるので合わない
で まず1つ穴を開けて、透かして光が
通ることを確認してから
b0096418_16243729.jpgもう一度ひきぬき外側に第2の穴の
しるしをして再度セットし直して
透かしてみる、光が通るようなら
第二の穴を小径のドリルから開けてゆく
後は、勘に頼るしかない!

止め輪が長年(15・6年)の使用でゆるん
でいるので、ステンレスの針金で代用する

最後に手になじむ様サンドペーパーかけて
修理完了。カッチョイイー!
b0096418_16311930.jpg

本日の収穫
b0096418_1637740.jpg
極小  1

小    1    検針
by kawasemi247 | 2007-04-19 16:32 | 仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kawasemin.exblog.jp/tb/6752625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ご意見無用好き勝手な事かきます


by カワセミ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite