カワセミ工房 鎌倉 (旧絵手紙いろは印)

kawasemin.exblog.jp ブログトップ | ログイン

アルミのリベット

先日 ブリキのチリトリで失敗したハンダ付け、なんとかならんかと考えた。
昔々(50年前) 金属が高かった時代の話
アルミの鍋に穴が開いた時に、画像↓のリベットでふさいだらしい
これを利用して、2枚の金属をホッチキスのようにとじることができるはず。


これがアルミのリベットです!
b0096418_19102638.jpg

今 金属の値段が高騰している、なななんとアルミは、スクラップでも1キログラム350円
又 昔みたいにこのリベットが活躍する時代が来るかもしれませんね。
ちなみに、リベットの値段は、1ヶ2円でした。
by kawasemi247 | 2008-04-07 19:15 | 仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kawasemin.exblog.jp/tb/8332582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tabikiti at 2008-04-08 13:07
幼き頃家の鍋、コノ金属で鍋の底を職人さんに修理してもらってました。傘の修理なんかもしてもらってました。
Commented by kawasemi247 at 2008-04-08 19:05
たび吉さん こんにちは
良い物を大切に修理しながら、ながーく
使う時代に戻った方が良いのかもしれませんね!
line

ご意見無用好き勝手な事かきます


by カワセミ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite